2014年05月12日

施術証明書発行について。


さる4月20日の総会に於いて、一部の会員より患者さんから「施術証明書」なる物を発行
して貰えないかとの要望があるが、「一般社団法人 近療連」として統一様式の書類は作成
出来るかとの質問がありましたのでお答えします。


◎調査の結果、一般的にその主な要求理由は。

(1)体育やクラブ活動を休む為の言い訳として・・・

病院の診断書が優先されますが、非公式証明書でも通用する為に求められる。

(2)学校内での事故やけがをした場合の保険会社への添付書類として・・・

学校共済(学校が加盟している保険)に添付書類として、重症の場合は病院の診断書が優先
されますが、軽傷の場合は非公式証明書でも通用する為に求められる。

(3)仕事中に首、肩、腰を痛めた場合・・・

労災申請には病院の診断者が必要ですが、会社が費用を見てくれる場合は、症状、かかった
日数、施術料の証明(領収書)が必要となる為に求められる。

(4)交通事故の被害者の場合・・・

事故直後は診断書が必要となる為、数回は病院に通院するが思う様によくならない時、人の
紹介や以前経験のあるカイロ(整体)院に通院するケースが多い。


*特に注意すべき事は、加害者が保険に入っている事を確認のうえ、その保険会社に対し実
費治療のカイロ(整体)にかかる旨、費用はその都度立て替え後に領収書を以て請求する旨
の了解を取って貰った上で施術を始める事です。

もちろん後日保険会社の担当者と話をし、被害者(患者)の状況を報告する事はあとあと支
払いトラブルを防止する為に是非必要です。

*施術証明書にはまず病院での診断名、既往症名が必要で、傷病名やケガの程度については
カイロや整体では証明出来ません。
さらに会員の施術内容は多種多様で、事務局ではすべて
を掌握する事は出来ず、責任が持てません。

よって調査、検討の結果「一般社団法人 近療連」としての所定の統一用紙を作成する事は
出来ません。
尚、現在使用中の統一カルテ(初診者申告書・日誌)は危機管理上の指導
(ガイドライン)の一環として使用している事をご理解ください。

*施術証明書の代わりに、一ヶ月に1〜2回まとめて領収書を発行し、但し書きに カイロ
施術料、4/15、4/18、4/22、4/25 4回分
と書いて渡していますが、これだけでも
十分役立っています。

以上参考まで・・・


               近療連 事務局







posted by k at 21:07| Comment(1) | 日記